Skip to content

SNUFKIN

タバコの値上げと戦う個人輸入推奨サイト

 もしかしたら海外直輸入は「英語わかんねーもん」と身構えるかたもいるかも知れないということで、具体的な注文の方法を記します。はっきりいって、英語の住所を書くこと以外は、国内での注文とあまり変わりません。

BuySnusの場合その①

 ここではスヌース御用達サイト『BuySnus』を例にあげますが、購入の方法自体は、だいたいどこも似たようなものです。気をつけなければいけないのは、そこが信頼に足る販売サイトか否かです。海外販売サイトの無作為抽出は危険ですので、ご注意ください。
 全体の流れは、①商品を選ぶ→②住所などを入力→③発送方法を指定する→④支払い方法を入力 です。

 購入したい商品を決める。

 「Cans:」は缶1個~。「Rolls (10 cans):」缶10個入り。欲しい数量を入力して『buy』(買う)のボタンを押しす。

 ※ 画面左端にある枠内のボタンで支払い予定通貨が選べます。また、現在カートに入っている商品の重量も共に表示されます。重量によって送料が変わるのでご注意。

 SEK=スウエーデン・クローナ
 EUR=欧州ユーロ
 USD=アメリカ・ドル
 CHF=スイス・フラン


 欧州ユーロだと、送料は3.98ユーロ~、1ユーロ110円として約440円くらい。

 ドルだと、送料は5.47ドル~、1ドル83円として、460円くらい。

 送料は時々変更されます。50円くらい安くなったり高くなったり。ユーロが110円くらいだと、スウェーデンクローナとどっこいかなぁ。‥日本経済を考えると大きな声では言えないが、個人輸入をする身としては円高が嬉しかったり。

 また、通貨選択の「Currency」の隣にある「Freight country」は、選んだ商品の重量に応じて送料を自動算出してくれるので、「Other countries」を選んでおきます。

 余談ですが、カート内に出てくる「Price per can:」は、送料を含めた1個あたりの平均価格です。たんなるサービス表示。

 商品を選び終えたら、『To Checkout』(チェックアウトしま~すっ)をクリック。

 画面が変わって『Shopping cart』の中身が表示されます。買い物を続けるときは『Continue Shopping』(買い物を続ける)。買い物が終了のときは『Proceed to Checkout』(買い物完了)。ちなみに『Empty Shopping Cart』は(買い物カゴを空にする)です。

  『Age verification』は、ユーザーが18才以上かどうかの年齢確認です。ボタンにチェックを入れるのをお忘れなく。



 ↑②の実物画像。画像がでかいのでサムネイルにしています。

  クリックして拡大してください。

 ③『Proceed to Checkout』をクリックするとまた画面が変わり、『Login or register』の画面になります。すでに会員登録をしてログインしていれば配送先住所の確認と支払い方法の選択画面になりますが、まだ会員登録をしていない場合、ここで個人情報を登録をすることになります。

 ※一度登録してしまえば、(配送先が同じ住所である限り)二度と書く必要はないので頑張りましょう!



 ↑③の実物画像。画像がでかいのでサムネイルにしています。

  クリックして拡大してください。

 

  • E-mail(必須): メールアドレス
  • user name(必須): ユーザー名(愛称でOK)
  • password(必須): パスワード  verify password(必須): 確認用にも一度パスワード
  • Reference person: サイトを紹介してくれた人の名。場合によっては表示されません。必須ではないので無視してOK。
  • Year of Birth(必須): 生まれた年(西暦、未成年は買えません)
  • Month of Birth(必須): 生まれた月(2ケタ、3月生まれなら03、6月生まれなら06)
  • Phone number(UPS): 一般的な郵便を使うなら空欄でOK、発送方法でUPSを選ぶ場合は必須。 日本の場合、頭に「81」をつけます。さらに頭の0は抜きます。
  • First name:, Surname(ともに必須): 名前と苗字
  • C/O: care of の略で、下宿や苗字の異なる同居の「気付」「様方」などを必要とする場合に記入
  • Address(必須): 住所。市より下の住所と丁番地
  • Zip/Post code(必須): 郵便番号
  • City(必須): 市の名称
  • State(必須): 都道府県
  • Country(必須): 国/Japan

 英語での住所は、マンションやアパートの部屋番号(アパート名称はなし)→丁番地→地名→地区名→市名→都道府県名→郵便番号→国名の順になります。ここを間違えると当然ながら違う家に届いてしまうので注意。
 また、英数字を全角や変換で入力すると、文字化けしてエラーになる場合があるようです。注文がエラーになってしまうので要注意。

 ≪具体例≫

①〒100-8968 東京都千代田区永田町2丁目3番1号  伊藤 博文
℡:03-1234-5678

  ↓

First Name(名前)/ Hirobumi
Surname (苗字)/ Itou
Address (番地までの住所)/ 2-3-1 Nagata-chou
City(市の名称)/ Chiyoda-ku
State(都道府県名)/ Tokyo(都道府県はつけません)
Zip Code(郵便番号)/ 100-8968
Phone(電話番号)/ 81-03-1234-5678
Country(国)/ Japan


 

②〒981-8510 宮城県仙台市柴田郡堤通雨宮町4-17
エアーハウス501号室  佐藤 歌詞子
℡:03-1234-5678

  ↓

First Name(名前)/ Kasiko
Surname (苗字)/ Satou
Address (番地までの住所)/  4-17-501 Amamiya-machi,TsuTsumidori
(上でスペースが足りない時、区切りの良いところで次の空欄に書く) / shibata-gun
City(市の名称)/ Sendai-shi
State(都道府県名)/ Miyagi(都道府県はつけません)
Zip Code(郵便番号)/ 981-8510
Phone(電話番号)/ 81-3-1234-5678
Country(国)/ Japan


 

 たまに「State(都道府県名)」を入力する欄がない場合があります。そういった時は、「City(市の名称)」に都道府県名を書き、市の名称は「Address (番地までの住所)」に書きます。

 

 ※の必須欄をすべて書いたら、「Register」をクリック!

 

 海外直輸入のススメ-その②に続く