Skip to content

SNUFKIN

タバコの値上げと戦う個人輸入推奨サイト

Taboca Snus Taboca Snus

 ウエットタイプのスヌース。ニコチンはmg、価格は控えめな2.83ユーロ。風味はタバコベルガモットいちじく

 缶はプラスチック製なのですが、ちょっと変わっているのがポーションを仮置きする内蓋の部分。普通は蓋の中央、一部が外れるようになっているこの箇所が、Tabocaの場合、蓋全体が取れる。つまり、三段重ねの缶。使い良いかどうかはともかく、代わり映えしてちょっと面白い。

 ポーションはでかくて薄いので、フィット感はまあまあ。若干のシトラス、ベルガモット風味。自然な甘さと塩気のバランスは良好。しかし、いちじくの存在感はまるでありません。

 ただし、海外のレビューでは、「レモンといちじくの風味がする」という書き込みを数箇所で見かけたから、もっと舌の敏感な人なら、ちゃんといちじくの風味を捕らえられるのかも。

 いちじくは生食でもドライフルーツでも好きな味なんだけどなぁ。少なくとも私にはまったく感じ取れません。

 まあ、そんなことより何より‥‥。

 ‥‥くさいです。このスヌース。

 いや、そういう言い方は失礼か。なんというか、ファントム(Phantom)シリーズにあるような(たぶん湿らせたタバコの)臭いが強い。あの、こもったような独特の匂い。

 ファントムが平気な人なら、まったく気にならないんだろうけど。

 そして、ポーションをつけて数十分、しだいに味に苦味が出てくる。これはどうも、タバコの苦味のようです。

 ‥‥う~ん。う~ん。

 私としては、苦味は許容範囲内としても、匂いがちょっと耐え難い。

 海外における評価は良好なので、試してみるべきはファントム等のワイルド系スヌースが平気な方のみ、かな?

 

 

Tags: ,