Skip to content

SNUFKIN

タバコの値上げと戦う個人輸入推奨サイト

 Tre Ankare White Portion

 Tre Ankareのホワイト・ポーション。風味はダークタバコとドライハーブ。ニコチンは0.8mg。価格は標準的な3.26ユーロ。

 スウェーデン・マッチの商品なので、味はある程度保障されていますね。海外においての評価も良好で、基本的にどこも高評価。Grovsnusからこちらに移行した人もいるほど。というのも、このTre Ankare、Grovsnusと味が酷似している。ただし、Grovsnusに感じるワイルドさはなくて、個人的見解としては、ETTANとGrovsnusの中間に位置するカンジかな。

 そもそもETTANとGrovsnusの違いが微妙なので、これはさらに微妙。

 両者との大きな違いは、ドライハーブの存在だと思う。

 ハーブといっても、ミント系ではなくて、パセリっぽいグリーン系 (注:パセリの香りがするスヌースという意味ではありません。あくまで「っぽい」ね。

 ごく微妙な甘みがあって(ここらはハーブのせいかも)、極々微妙に、感覚的な意味で泥土っぽい風味がする(こっちはダークタバコのせいか?)。

 さらに、これまた微妙にペッパーが入っているようで、ほんのちょっぴり辛みがある。

 甘みはないが、どこかしら黒飴を思わせるこってり感。ウエットタイプほどではないが、ホワイトのわりに汁が出る。

 ただ、ここいらは本当に微妙なので、「これ、本当はピュアたばこのスヌースちゃう?」と言われれば、反論が難しいレベル。

 でもコレ好きだ。

 これらのマイルドな風味は、ホットコーヒーに合わせると負けてしまって、本気でETTANやGrovsnusと区別がつかないけど、アイス・コーヒーならかなりイケる。紅茶と合わせるのもOK。

 一番のオススメは、ドライハーブのグリーン感が微妙に高まる緑茶と合わせるパターンかな。

 ちなみにこのTre Ankare。ミニも出てるんだけど、なぜかこちらの評価はイマイチ。詳しく調べてないし、実際に使ったことがないので、いったい何が問題なのかよくわからん。そのうちミニも試してみるつもり。

 というか、このスヌース、名称とパッケージで損してるような気がする。読めねー商品名と、シブいと言えば聞こえはいいが、いまいちパッとしない缶のデザイン。もっと売れててもいいスヌースだと思う。少なくとも、Grovsnusと同程度には。

 

 てか、スヌースとはまったく関係ないけど、ロンドン・オリンピック、体操の内村選手が個人総合優勝したね!おめでとう!見てて心臓バクバクしたわー!

Tags: ,