Skip to content

SNUFKIN

タバコの値上げと戦う個人輸入推奨サイト

  01 Original Portion

 LABシリーズの「01」、ニコチンは9.5mg、価格は標準的な3.26ユーロ。たばこ味の他には、ハーブ、オーク(カシの木とか)、スギの木の風味。

 これってもしかして針葉樹林の風味?スヌースで森林浴?などと、怯えながらもそこはかとなく期待しつつ試してみました。

 ポーションはロングのウエットで、口に入れたときのフィット感はすばらしいです。ポーションの袋の目が細かいのか、さらさらとした感触で、とても歯茎に優しい。

 そして肝心の風味はといえば、‥‥もしかしてこれって、木っ端の味?

 木片をかじった経験は、はるか昔、幼少の頃のおぼろげな記憶でしかないから、推測にすぎないけど。

 べつに、杉の木の香りとか、しないし。グリーンっぽい感じもないし。ハーブ?ハーブが入ってるのか、これ?

 むしろ、個性がないのが個性といわんばかりのシンプルなたばこ味に思える。それというのも、紙巻たばこの「echo」だったか「わかば」だったか、そのあたりの煙草と風味が酷似しているんだよね。

 震災の影響で紙巻煙草が入手しにくかったころ、背に腹は変えられんと、「echo」「わかば」その他洋モクを含めた諸々に手を出したけど(そう、あの頃はまだ紙巻たばこも吸っていました。現在は皆無)、あの妙におっさん臭いというか(おっさんゴメン)、奇妙な空虚感というか、が似てる。

 普通、たとえピュアたばこ風味であっても、舌に味が乗ってくるものだけど、このスヌースの場合、それを感じない。舌の上がからっぽ。

 さらに、粉が出ているわけでもないのに、妙な粉っぽさを感じる。ただし、これは嫌な感じはしなくて、むしろ面白みといったほうがいいと思う。

 総じて、牧歌的で素直な感じがするスヌースです。

 うん、まぁ嫌いじゃないよ。嫌いじゃないけど、これは年配の男性向きっぽいスヌースだなぁ。

 

 

Tags: ,