Skip to content

SNUFKIN

タバコの値上げと戦う個人輸入推奨サイト

ANGLAHOLM  WHITE PORTION

 anglaholm ニコチン:12 mg/g

価格:24.46 SEK
(SEKはスウェーデンのクローナ通貨)

日本円でおよそ290円
(1ドル104円時)

ドライ・タイプ

 
  新ブランド、『ÄNGLAHOLM』(以下『エンゲルホルム』)のホワイト。ニコチンは12mgと、ちょっと強め。風味は、cornel cherry(コーネルチェリー)。一般には『コーネリアン・チェリー』の名で流通している果実。

 ・・・・・・で、コーネリアン・チェリーって何ぞ?

 聞いたこともないので、ちょっと調べてみた。

『コーネリアンチェリー』(『果物図鑑』)

 どうやらヨーロッパ原産のミズキ科の果実で、中国大陸や朝鮮半島では『サンシュユ』と呼ばれる漢方の材料のひとつ。東ヨーロッパや中東ではジャムやシロップ漬けにして食べられている。ようするに、そのまま食って美味いしろものではないらしい。

 わかったようなわからないようなでフタを開くと、まずはタバコの匂い。それから、・・・・・・薄荷?でもない。なんとなくシソ科の植物を思わせる匂いが、タバコのにおいに混じってほんのりとする・・・・・・ような気がする。
どことなく甘く、どことなく爽やかで、どことなくシソっぽい。名状しがたい香り。コーネリアン・チェリーがどんな匂いをしているか知らんしな。

 ポーションはでかい。コットンは硬くもなく特別やわらかくもなく。ごろっと肉厚で、無骨な印象。匂いと姿が合ってねえ。

 口に含むと、どこかしら甘みがあり、ごくごく微妙な酸味がする。
 実際に甘い味がするわけではなく、シソっぽい香りゆえに舌が錯覚するというか。

 これはおもしろい。

 甘味はほとんどない。むしろ塩気を強く感じる。ほんのりした塩気と、シソっぽい香りがあいまって、桜餅に似た香り、もしくは塩漬けにした桜湯のような。

 これ、桜湯の味ですわー。

 桜湯ってのは、ほら、結婚式なんかの控え室でよく出るやつ。塩漬けにした八重桜に、お湯をそそいで飲むやつ。風流かつ、めでたい感満載のお茶。あれですわ。

 チェリーはチェリーでもサクランボではなく、チェリーブロッサムの桜のほうだったか。

 ポーションのフィット感は、ごつい姿のわりに悪くない。しかし、12mgはさすがに私にはキツイ。無理をしてつけ続けると、風味がしだいに香水っぽく感じられてきて気持ち悪くなる。身体にニコチン入れすぎた。こういうときは間を置こう。

   * * *

 二個目、三個目は心の準備ができていたせいか、一個目ほどの桜感はとらえられない。素材であるコーネリアン・チェリーの味を知らないので、果実の香りが正しく出ているかもわからない。まずいか美味いかでいえば、まずくはない。じゃあ美味いのかと問われれば・・・・・・、まあ人によるとしか。

 海外の某レビューサイトでは、『Röda Lacket』が好きな人は気に入るのじゃないかといった意見があったが、私としては賛同しかねる。ローダラケットはじつにわかりいい美味さで、乾燥イチヂクやドライフルーツが好きなひとは、まずまちがいなく気に入るはず。

 今回のこれは、菊のおひたし風味の『kronan』のが、系統としては近いのじゃないかなあ。いやでも、コーネリアン・チェリーの風味を知っているひとには、同系統に感じるのかも。

 とにかく、今回の『エンゲルホルム』は、私にとっては桜湯風味ですわ。

Tags: ,

ODENS LEMON WHITE

 odens_lemon ニコチン:9 mg

価格:20.57 SEK
(SEKはスウェーデンのクローナ通貨)

日本円でおよそ250円
(1ドル103円時)

ドライ・タイプ

 
 『oden’s』(以下『オーデン』)ブランド は、低価格でありながら高品質、かつ高ニコチン(オーデンの従来品は、だいたいニコチン22mg。強すぎ)。コスパ最強。ニコチン欠乏症にあえぐ貧乏人の味方で人気のスヌース・ブランド。

 今回、そのオーデンが新しく発売したミディアムタイプのスヌースが、こちらの三品。

・LEMON WHITE (レモン風味)

・MINT WHITE (ミント風味)

・NO3 WHITE PORTION (クラシックな風味)

 すべてニコチン9mg、かつドライ(ホワイト)・ポーション。

 ミントはまあミントだろうし、NO3はおそらくシトラス風味だろうということで、今回はスルー。レモンの感想、いきます。

     *  *  *

 ふたを開けたときの香りは、タバコ+新鮮なレモン。

 幸いにも、タバコの煙がこびりついた車内で嗅ぐ柑橘系の芳香剤のような気持ち悪さはない。レモンの香りの中に甘ったるさがないからかも。

 香りの比重は、タバコ:6~7、レモン:4~3といったところ。

 ポーションは肉厚でごろっとしている。コットンは薄地でやわらかい。

 指先でちょちょっとポーションの形を整えて口に含むと、ほのかな酸味を感じて唾液が出る。

 甘味はない。口の中に広がるのは、完熟前の新鮮なレモンの風味。

 ポーションがごろごろ肉厚なぶん、つけ心地もゴロゴロ。フィット感はいまいち。コットンが柔らかいから、あんま気にならないけど。

 初めてつけたときは、レモンの風味がほのかすぎて、酸味を感じたと錯覚しているのか、本当に感じているのかわからなかった(舌がニブイんでは・・・、というツッコミはいりません)。

 しかし、ニコチンがゆっくりと身体に広がると同時に、レモンの風味もいっしょに広がる。指先までニコチンが到達する頃には、レモンの酸味ゆえの唾液だと認めざるをえなくなる。

 これはいいスヌース。

 ドライ・タイプのため、つけて20分もする頃に、ようやく汁がにじみ始める。しかし多くはない。汁はベーシックなタバコ味。

 ニコチンの広がりかたは確かに9mgっぽいけど、全体としては8mgくらいに感じる。余裕でつけっぱなしができるレベル。

 二個目、三個目と使ううち、もしくはお供に水やほうじ茶(冷)あたりを合わせると、レモンの酸味をより強く感じる。

 いや、これ、けっこう酸っぱい(三個目)。酸味で舌先がしびれる。

 ふつーに美味いわ、これ。

 

 難点は、「コスパ最強!」とはいえない点かな。あれはあくまでもニコチン22mgの品々につけられた冠だから。

 つけて1時間もする頃には、レモン風味はかなり薄くなっている。酸味はまだいくらかあるし、ニコチンも残ってるけどね。

 1時間で風味が失せるのは、・・・ミント系以外では、まあごく普通。「味」付きのやつは、そんなもんでしょ。

 そうした諸々をすべて含めても、250円は安いと思うわ。常用スヌースとして最適。
(注:250円はスウェーデン・クローナ(SEK)で買った場合。ドル(USD)で買ったりすると、340円くらい。くれぐれもドルでは買わないように!)

 ただし、今回のこの『ODENS LEMON WHITE』がいつまで販売されているかは、神のみぞ知る。

 オーデン・ブランドが人気なのは、あくまでもコスパ最強、高ニコチンにあるわけだから。

 試してみたいかたは、早めに買っておくのがいいと思うよ。

Tags: ,

おめでとう、BUY SNUS.com 12周年!!

(スウェーデン時間の)10月1日の23時59分59秒まで

スヌースが半額セールだよ!


 今朝、BUY SNUSから
「誕生日セール開催中だよーまだ48時間残ってんよー!」
ってメールが来てびっくり。
 めずらしく画像なしの文字だけメールだったから、
迷惑メールかと思って危うく消すところだったよ。
 そういえばそんな季節だった。

10%オフ~半額まで!
スウェーデンマッチのメジャー処は半額!
ちなみにV2ブランドは40%オフ

 日本はスウェーデンより7時間前後早いから
10月2日の明け方くらいまでは大丈夫かな?


Tags:

General Mackmyra Original

GENERAL MACKMYRA ORIGINAL ニコチン:8.5 mg

価格:36.82 SEK

日本円でおよそ490円

ウエット・タイプ

 
 発売元のプロファイルは、「杉とMackmyra Svensk ウイスキーのノートと、果実の微妙な風味を含む、タバコ中心のスヌース」

  補足すると、Mackmyra Svensk というのは、スウェーデン国産のウイスキー・ブランド。スウェーデンには大麦もピートも清涼な水もオークの木も、ウイスキーの原料や材料はすべてそろっているのに、近年まで製造会社がなかったらしい。それもあってか、えらい人気で入手困難なウイスキーなのだとか。検索したら、日本でも取り扱ってる酒屋があるね。

  普段、ウエット・タイプにはあまり手を出さないのだが、(こりずに)「ウイスキー」につられて買ってみた。ジェネラルの製品だから、面白みは期待できないぶん、大失敗って可能性も少ないはず。

  パッケージはどうやらオークの木の年輪をイメージしたもの。プラスチックにシールだけどね。

  ふたを開くと、まず湿ったタバコの濃いにおい。ウエット・タイプは久々だから、強烈。

  しかし、タバコだけではない何かほかの微妙なニオイ。最初は毎度のシトラス?と思ったが、たぶん違う。ような気がする。わからん。

  加えてかすかに、湿った木のにおい。洗練されていない、野性味のあるウイスキーをほんの数滴たらしたような。

  なるほど確かに、濃いタバコの匂いの中に、木の樽に入ったウイスキーをイメージさせる匂いがある。アルコール分の抜けたウイスキーだけど。・・・しかしそうなると、Crafted Snus Whisky White も、ウエット・タイプなら、ウイスキーっぽさがあるのかも知れない。試してみる気にはなれないが。

  ポーションはふっくらと厚め。光が当たると、生地の繊維がキラキラしてきれい。

  甘味はまったくない。ポーションのフィット感はいまいち。ウエット・タイプだからニコチンのまわりが早いわ。

  つけて10分くらいで、若干の苦味をノドのあたりに感じる。

  たれてくる汁は多くない。舌でポーションを触ると、やや苦味のあるベーシックなタバコ味。汁も同じくタバコ味。

  悪くない。

  ショットグラスのウイスキーが似合いそう。

  ただし、よほどニコチンに強い人でない限り、本気でウイスキーと合わせると悪酔いしそう。慣れの問題かも。

  なんというか、男くさいスヌースだなあ。

Tags: ,

The LaB 22 Xylitol Mint
The LaB 22 Xylitol Mint ニコチン:11 mg
価格:36.88 SEK

現在のレートでおよそ490円。他のLaBシリーズより40円ほど高い。

ドライタイプ。ホワイト・ポーション。
 我が愛するLaBシリーズ、フレッシュレモンの販売が突然終了して(終わるなら終わるで告知くらいしてくれよ!買いだめするから!)以来、泣く泣くメインで使用していたスヌース。常態化していてレビューするのをすっかり忘れていたよ。

  こちらは歯の健康を気遣うキシリトールフッ化物入り!という、めずらしいスヌース。販売サイトいわく、風味はフレッシュなミントとバニラ

  しかし、じつのところバニラはほとんど感じない。

  よほど味覚のするどい人なら「おお、バニラ~!」と感嘆するのかもしれないが、凡舌の私にはむり。感知できるのは、涼やかなミント風味だけ。甘味はいっさいなし。

  ニコチン11mgというわりに、強さはあまり感じない。8mg~9mgが最適な私がつけっぱなしできるくらいだから。ニコチンの持続時間も8mg~9mgのスヌースと同レベル。

  ポーションの生地はやわらかく、フィット感も良好。よほど連続して使用するのでない限り、歯ぐきがこすれて痛むこともない。連続する場合は、右の歯ぐき、左の歯ぐきと入れ替えれば問題なし。

  なお、キシリトール・シリーズはLaBから二種類販売されており、このXylitol Mintのほかに「THE LAB 24 XYLITOL MINT LICORICE」も出ている。こちらはリコリス風味。リコリスが苦手なので購入の予定はない。

  正直、コスパはあまり良くないのだが、それでも常用にしてしまう。
  それがキシリトールの威力。そして、どこかにあるに違いない「バニラ」の風味をいつの日が感知できるのではと、そこはかとない期待を捨てきれず。

  常用におすすめな、とても使いやすいスヌース。
  欲を言うなら、バニラがもう少し強ければなー。そしたらもう文句ないんだけど。ミントとバニラ(またはミルク)風味の組み合わせって、最強コンビの一つだと思うんだ。

  ミントとバニラといえば、思い出すのはCatchのストロング・ミニ。ほんわかミルク風味で美味かったわ~。また販売してくれんかな・・・。

  ちなみに、知り合いの喫煙者が「会議があるからスヌースくれ」というので、「歯に優しいキシリトール入りだぞ~」と、これをあげたら、「キシリトールとかいらん。普通のでいい」って言われたわ。
 

 

Tags: ,

Crafted Snus Whisky White

crafted_snux_whisky01 ニコチン:11mg

価格:1個36.66 SKE。

約490円。

ホワイトポーション。ドライタイプ。
なお、ウェットタイプも出ている。
crafted_snux_whisky_02 ちなみにUSドルで買うと、約600円。1ドル110円前後の今は、スエーデン・クローナ(SKE)で買うのがおすすめ。

葉巻やパイプタバコ並みの高品質な葉を使用し、ウイスキー樽で保存したという触れ込み。
 ウイスキーの文字に釣られて試し買い。

 まず、ブリキ製っぽい缶がカッコいい。「Crafted Snus Whisky」の文字と缶上部のロゴマークが、ただのペイントじゃなくて、凸凹の浮き彫りになってる。中身はどうあれ、缶は保存決定。

 しかし、見た目がいいぶん、やや開けにくい。使用済みのポーションを入れるポケットが、フタの内側にある。使いにくい。ポケットは接着剤でフタにくっつけてんのかな。無理すると、はがれそう。
 さて、肝心の中身。

 フタを開けた時の香りは、ウイスキーというよりも、タバコと納豆を合わせたような匂い。というか、ニワトリ小屋のような匂い。もしくは鳥の巣。小鳥の糞を少しばかり爽やかにしたような臭いがする。あくまでも個人的見解なので異論は受け入れる。

 この臭いのせいでちょっと躊躇したが、ポーションの形を整え、思いきって口に含む。

 甘味はない。

 ウイスキー風味といえば、PROBE ORIGINAL PORTIONがあるけど、黒砂糖のような微妙な甘味のあるアチラと違い、こちらは甘味を感じる要素は皆無。ウイスキー樽に保存したってだけで、ウイスキーの味がするわけではない。

 ポーションはでかいが、フィット感は悪くない。でかいといっても、ポーションの大きさはV2のサンダーあたりと同じくらい。

 歯茎に穏やかなぴりぴり。若干、舌の先がしびれる感じ。ニコチン強いわ。

 口に含んでいるぶんには、納豆やニワトリ小屋の臭いはしない。舌で感じるのは純粋なタバコ味。若干の苦味あり。

 11mgニコチンの持続時間としては、まあ標準的。
 ピュアなタバコ味が好きで、ニワトリ小屋のニオイが嫌いじゃない人は試してみるといいよ。
 

Tags: